心臓カテーテル班

Interventional Cardiology

はじめに

主に虚血性心疾患・末梢動脈疾患・構造的心疾患に対するカテーテル検査・治療を担当しています。経験豊かなスタッフ、最新鋭の設備、そして豊富な症例数を活かして若手医師の教育に積極的に取り組んでいます。私たちは臨床現場での疑問や悩みに真摯に向き合い、意義のある研究活動を行っています。

主な研究分野

1.虚血性心疾患 Coronary Artery Disease

当院の最大の特徴は、経皮的冠動脈インターベンション(PCI)に占める急性冠症候群(ACS)の割合が4割以上と高く、PCIの利点が最も発揮されるACS-PCIを多く経験できることです。私たちは以前から血管内イメージング技術(血管内超音波 [IVUS] や光干渉断層法 [OCT])を駆使して、急性心筋梗塞をはじめとするACSの病態生理を解明するための研究を数多く行ってきました。これらの血管内イメージングを実臨床で最大限に活かし、将来の冠動脈イベントの予測に関する研究や若年発症のACS症例の特徴・長期予後に関する研究などを行っています。一方で慢性冠症候群(CCS)では高度石灰化病変や慢性完全閉塞(CTO)などの複雑病変を有する症例や低心機能の症例が年々増えています。このような挑戦的な症例に対しても、適切にリスクを評価した上で決して諦めることなく診療や研究に取り組んでいます。また最近ではPCI術後の抗血小板療法に関して、PCI翌日より低用量アスピリンを中止し、プラスグレルを単剤で投与する治療法の安全性と妥当性に関する多施設共同研究(Acetyl Salicylic Elimination Trial [ASET-Japan])を中心施設として進めています。カテーテル手技の取得だけではなく、科学的なアプローチもできる優れたPCI術者の育成を目指しています。

2.末梢動脈疾患 Peripheral Artery Disease

私たちは下肢を中心とした末梢動脈疾患に対する経皮的血行再建術(EVT)にも積極的に取り組んでいます。2020年より血管外科や皮膚科と協力して重症虚血肢に対する診療プログラムが本格的に整備・強化されました。EVT後の抗血栓療法についてはまだエビデンスが乏しく、至適な薬剤やその使用期間に関する研究などを行っています。

3.構造的心疾患 Structural Heart Disease

当院のSHD Interventionプログラムは、経カテーテル大動脈弁留置術(TAVI)の導入に伴い2015年3月より開始されました。東海北陸地域の大学病院として初めてこの治療技術を導入し、現在までの周術期死亡率は1%未満とその治療成績は良好です。さらに2018年からは僧帽弁閉鎖不全症に対する経皮的僧帽弁クリップ術(MitraClip)、2020年には不整脈班と協力して経皮的左心耳閉鎖術(WATCHMAN)も導入し、今後益々の発展が期待される領域です。

Wide variety of sub-specialities Interventional Cardiology

Cardiovascular Center,Fujita Health University Hospital

主な研究分野

  1. Hashimoto Y, Ozaki Y, Kan S, et al. Impact of chronic kidney disease on in-hospital and 3-year clinical outcomes in patients with acute myocardial infarction treated by contemporary percutaneous coronary intervention and optimal medical therapy - insights from the J-MINUET study - Circ J. (Epub ahead of print)
  2. Muramatsu T, Ozaki Y, Nanasato M, et al. Comparison between optical frequency domain imaging and intravascular ultrasound for percutaneous coronary intervention guidance in Biolimus A9-eluting stent implantation: A randomized MISTIC-1 non-inferiority trial. Circ Cardiovasc Interv. 2020;13:e009314.
  3. Ishikawa M, Muramatsu T, Nanasato M, et al. Associations of coronary plaque characteristics by integrated backscatter intravascular ultrasound with detectability of vessel external elastic lamina using optical frequency domain imaging in human coronary arteries: A sub-analysis of the MISTIC-1 trial. Catheter Cardiovasc Interv. 2019;94:947-55.
  4. Ozaki Y, Katagiri Y, Onuma Y, et al. CVIT expert consensus document on primary percutaneous coronary intervention (PCI) for acute myocardial infarction (AMI) in 2018. Cardiovasc Interv Ther. 2018;33:178-203.
  5. Tochii M, Muramatsu T, Amano K, et al. "Twin Icicle" calcifications cause aortic annular rupture. Ann Thorac Surg. 2018;106:e53-e55.
  6. Muramatsu T, Tochii M, Hattori K, et al. Wire pull-through technique using a double lumen sheath during transapical transcatheter aortic valve implantation. Asiaintervention. 2017;3:166-70.
  7. Ozaki Y, Ohota M, Ismail TF, et al. Thin cap fibroatheroma defined as lipid core abutting lumen (LCAL) on integrated backscatter intravascular ultrasound: comparison with optical coherence tomography and correlation with peri-procedural myocardial infarction. Circ J. 2015;79:808-17.
  8. Ozaki Y, Kawai T, Ismail TF, et al. Fate and clinical significance of angiographically visible stent malapposition (peri-stent contrast staining) after drug-eluting stent implantation: a long-term clinical follow-up study. Asiaintervention. 2015;1:48-56.
  9. Muramatsu T, García-García HM, Brugaletta S, et al. Reproducibility of intravascular ultrasound radiofrequency data analysis (Virtual Histology) with a 45 MHz rotational imaging catheter in ex vivo human coronary arteries. J Cardiol. 2015;65:134-42.
  10. Muramatsu T, Grundeken MJ, Ishibashi Y, et al. Comparison between two- and three-dimensional quantitative coronary angiography bifurcation analyses for the assessment of bifurcation lesions: A subanalysis of the TRYTON pivotal IDE coronary bifurcation trial. Catheter Cardiocvasc Interv. 2015;86:E140-9.

ページトップへ戻る