心エコー班

Echocardiography Team

近年、循環器診療における心エコーの役割がますます大きくなっていますが、その代表的な心疾患が社会の高齢化によって患者数が年々増加している弁膜症です。弁膜症の診断や重症度評価、治療方針の判断、さらに弁形成手術や近年目覚ましい発展を遂げているカテーテル治療時の術中評価等々、弁膜症の診断から治療に至るまで、心エコー、とりわけ経食道心エコー(TEE)は絶対的に必要不可欠の検査となっています。TEEは私たち心エコー班の主たる臨床業務の一つです。

当院では年間600件を超えるTEEを行っていますが、多くのメンバーが超音波専門医の資格を有し、また超難関試験である周術期経食道心エコー認定資格(JB-POT)の保有者もいます。心エコー班では毎週全員でTEEの画像を振り返り、検査レベルの維持向上に努めています。後期研修医でも経験豊富な指導医の下でTEEを行い、またその評価を早いうちから高いレベルで学ぶことが可能です。

それから、心エコー班の他の業務として負荷心エコーがあります。安静時の心エコーのみでは得られない非常に有用な情報を収集することができる検査で、当院では毎年150件前後の負荷心エコーを行っています。この検査は虚血性心疾患の診断や精査目的で行われるだけでなく、非虚血性心疾患についても重要な役割を果たします。労作時息切れの原因の検索や無症候性弁膜症の重症度判定、その他膠原病患者の肺高血圧の評価などを目的として負荷心エコーが行われます。

また学術的な活動として、弁膜症や負荷エコーをテーマに新しいエコーの手法(スペックルトラッキング法、3Dエコー等)も用いて臨床研究を行い、関係する国内外の学会で発表を行うほか、大学院生を始めとして論文の作成にもつなげています。

在籍メンバー

  • 山田 晶(班長:准教授)
  • 高田佳代子(医療科学部)
  • 星野芽以子(講師)
  • 山邊小百合(助教)
  • 星野直樹(助教)
  • 河田祐佳(大学院)
  • 船戸優佑(大学院)
  • 中嶋千尋先生(助教)
  • 上田清乃(ばんたね病院)

ページトップへ戻る