病気&検査

大動脈瘤・大動脈解離

大動脈とは、全身に血液を送る大血管のことで、いわゆる太いパイプです。大血管は心臓から上に向かって出たあと、弓状にカーブし下方に向かい、横隔膜を貫いて臍の少し下の高さで左右に分かれます。一般的に心臓と結合している部位からこの分岐部までを大動脈と呼びます。

胸・腹部大動脈瘤

大動脈瘤とはこの大動脈が“こぶ”のように大きくなってしまう病気のことです。大動脈が心臓から出たあと横隔膜までの胸部に瘤が存在するものを胸部大動脈瘤、横隔膜から枝分かれするまでの腹部大動脈に瘤が存在するものを腹部大動脈瘤といいます。これらの多くは破裂するまで無症状ですが、いったん破裂すると、激しい痛み、呼吸困難、意識障害、ショックなどとなり、突然死することもあります。CTやMRIなどで診断しますが、瘤は大きいほど破裂し易いと言われています。ですから破裂しないように厳重な血圧管理が必要で、もし一定以上の大きさがあれば手術が必要になります。また破裂してしまった場合は緊急手術になります。

大動脈解離

実は大動脈瘤にはもう一つの型があります。それは大動脈の血管壁が2層に裂けてしまう大動脈解離という病気で、これも大動脈瘤の一つとされています。こちらは、胸部や背部にはり裂けるような激しい痛み、呼吸困難、意識障害、腹痛、下肢痛など解離の部位により様々な症状が出ることがあり、痛みの部位が移動することも特徴とされています。診断は造影CTやMRI検査で行います。治療は一般的に心臓から出て上に向かう上行大動脈に解離がある場合は緊急手術の対象で、弓状部より下方の下行大動脈のみに解離がある場合は安静、血圧管理などの内科的治療になります。ただし、解離により腎臓や腸などの他臓器へ血液を送ることが出来ない場合や血管外へ血液が漏れたり、破裂している時は緊急手術の適応になります。

(文責 佐藤貴久)

Last Update : 2005/04/06

インデックスページへ