病気&検査

高血圧 Q&A

高血圧症とは?
血圧とは、心臓から送り出された血液が動脈の壁を押す力のことです。 心臓は、収縮と拡張を繰り返して血液を送り出しているので、動脈の中の血圧は、心臓の収縮、拡張に応じて上がったり下がったりします。動脈の血圧が最高に達したときの値が「最高血圧または収縮期血圧」、最低に達したときの値が「最低血圧または拡張期血圧」です。くり返しの測定で最高血圧が140mmHg以上、あるいは、最低血圧が90mmHg以上であれば、高血圧と診断されます。
血圧が高いとなぜ悪いのか?
血圧が高いと、脳卒中、心臓病、腎臓病による腎不全、動脈瘤や閉塞性四肢動脈硬化症などの病気を引き起こします。脳卒中には脳梗塞と脳出血がありますが、いずれも高血圧があると生じ易くなります。また、高い血圧に抗して血液を拍出する心臓には肥大が起こり、心不全に陥ることがあります。高血圧を治療するということは、単に血圧を下げることにとどまることなく、合併してくる病気を予防することにあります。
原因は?
高血圧症の90%以上は原因不明です。環境因子が関与しており、生活習慣病といわれています。しかし、体の中に血圧上昇の原因となるような病気が存在することがあります。この中には、腎動脈狭窄、原発性アルドステロン症、褐色細胞腫などのように外科手術が必要なものもあります。
治療は?
すぐに薬が必要とはかぎりません。先ず、次にあげる生活習慣を整える必要があります。
  • 塩分:塩分を取りすぎると、血液中の水分が増加して血圧が上がります。
      塩分を1日7グラム程に制限する必要があります。
  • 肥満:体重が増えると、血圧も上昇するといわれています。適度の運動も必要です。
  • 飲酒:過剰のアルコールの摂取が続くと、血圧が上昇します。
  • ストレス:精神的な過度の緊張や、睡眠不足が続くと、血圧が上がります。
      それでも血圧の下がらない方が、薬物療法の対象になります。そして、収縮期血圧130mmHg
    未満、拡張期血圧85mmHg未満を治療目標とします。但し、高齢者では、140〜160mmHg
      以下(年齢を考慮)、拡張期血圧90mmHg未満を目標とします。
  •   

    (文責 大槻眞嗣)

      

Last Update : 2004/02/27

インデックスページへ