教室案内

渡邉教授あいさつ

渡邉 英一

藤田保健衛生大学
循環器内科 教授

渡邉 英一

Eiichi Watanabe

■専門分野
不整脈学、心電学
■略歴
1987年3月 山形大学医学部卒業
1987年4月 聖路加国際病院内科
1991年4月 名古屋大学第一内科入局
1991年4月 名古屋大学環境医学研究所循環器部門(大学院)
1995年4月 ルイジアナ州立大学分子生化学講座研究員
1996年1月 医学博士(名古屋大学)取得
1997年8月 名古屋第一赤十字病院救急部医員
1999年7月 藤田保健衛生大学循環器内科講師
2007年4月 名古屋大学環境医学研究所客員研究員
2009年4月 藤田保健衛生大学循環器内科准教授
2012年9月 藤田保健衛生大学循環器内科教授

広い視野を持つ循環器医を養成する

循環器診療は、主に虚血性心疾患、心不全、不整脈の3本の柱からなります。藤田保健衛生大学循環器内科は、心筋梗塞や不整脈といった重篤な疾患に対して、インターベンション、カテーテルアブレーション、除細動器植え込みなどで救命に努める日々を送っています。医学生や研修医にはこれらの専門的な手技に惹かれる方も多いようですが、私たちは循環器の専門教育の前に、一般内科の素養を身に着け、広い視野を持つ循環器医を育てることを目標にしています。

循環器専門医研修システムとして初期研修終了後、循環器研修を約7年行うことが必要と考えております。これよりももっと短期に研修を修了することもありますが、当科は長い時間をかけじっくり養成します。一般内科の素養が不十分なまま専門医となることを危惧し、バランスのとれた医師を養成するためです。

初期研修を終了して3年目に入局した場合には、大学内で病棟を6カ月、CCUを3カ月研修し、さらにER専修を3カ月行います。病棟では急性期疾患の管理や周術期の内科コンサルト、外来では胸痛・腹痛などの救急はもちろん、他科からのコンサルト、さらには学会発表を通してプレゼンテーションの技術や統計処理などの教育を受けます。CCUへの入院症例は純粋に循環器疾患患者とは限りません。多臓器不全の状態が多いため、全身管理を身に着けることができます。

4年目と5年目は名古屋市内の総合病院、または関連総合病院にて研修を行います。この研修により一回り大きくなって大学に戻ってきます。帰局後は社会人大学院(夜間大学院)に入学し、勤務を続けながら(給料をもらいながら)、虚血、不整脈、心不全、画像診断(エコー、CTなど)といった臨床研究サブスペシャルティーに分かれ、これを突き詰めることで学位を取得します。国内・海外での学会発表はもちろん、英文原著論文を多数発信しております。臨床と研究には力を入れております。

市中病院で臨床やレジデント教育を行うためだけなら学位は必要ありませんが、私自身は、キャリアを振り返って研究を重点的に行う期間があってよかったと考えます。しかしながら、ある程度のビジョンを持ってキャリアパスを決めているような場合は、サブスペシャリティだけに特化することなく(大学院に入学することなく)、循環器内科一般を診ながらサブスペシャリティの技量も同時に上げていくことを目標としている医師も在籍しております。

ERには年間約7500台の救急車が搬送され、CCUには年間850例の入院があります。本院は大学病院でありながら、近辺に急性期病院が少ないため、患者数が大変多く、循環器ベッド数は(特に冬季は)100床を超えます。手技としては心臓カテーテル検査1200例(このうちPCI 400例超)、アブレーション100例、ペースメーカ・ICDも120例の実績を持ちます。経験すべき症例数や最終的な到達度など目標設定を決めた研修プログラムを作成しており、充実した専門研修が可能です。

現在、循環器内科には23名の医師が在籍しております。このうち藤田保健衛生大学外の出身者は約3割を占めており、また、後期研修修了後に入局する医師も多々あります。大学院修了後は学内にて勤務を続けることも、市中病院で勤務することも選択できます。本学で循環器研修を行う方を募集しております。