教室案内

井澤教授あいさつ

izawa.jpg

坂文種報徳會病院(ばんぶんたね)
教授

井澤 英夫

Hideo Izawa

■専 門
心不全、心筋症
■資格・学会
総合内科専門医、循環器専門医、認定内科医、内科指導医、高血圧指導医、心臓リハビリテーション指導士、認定産業医、日本内科学会、日本循環器学会 (評議員)、日本心不全学会 (評議員)、日本心臓リハビリテーション学会 (理事)、日本心臓病学会 (上級会員(FJCC))、日本高血圧学会、米国内科学会、米国循環器病学会、名古屋大学医学部非常勤講師
■略 歴
1989年 名古屋大学医学部卒業後、トヨタ記念病院、常滑市民病院
1998年 名古屋大学第一内科医員
2005年 名古屋大学循環器内科助手・医局長
2006年 名古屋大学循環器内科講師
2008年 藤田保健衛生大学坂文種報徳會病院循環器内科准教授
2011年 藤田保健衛生大学坂文種報徳會病院循環器内科教授
2012年 藤田保健衛生大学坂文種報徳會病院副院長
■受賞歴
2003年日本心臓病学会若手研究者賞(YIA)、2003年日本心臓財団優秀賞、2004年日本心臓財団最優秀賞、2006年日本心臓病学会Clinical Research Award、2006年名古屋大学循環器内科同門会賞等

地域に根ざした良質な循環器医療を提供しています

坂文種報徳會病院循環器内科(循環器内科学II講座)は平成10年に開講された教室です。渡邊佳彦教授、野村雅則教授と、東海地区の循環器内科を代表される教授が歴任され、平成23年より私が講座を担当しています。坂文種報徳會病院循環器内科は狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患をはじめ、高血圧、心不全、不整脈など、循環器疾患全般にわたって幅広く診療を行っています。最新鋭の3D心エコー、CT,MRI検査機器を用いて診断・治療にあたっています。

なかでも、虚血性心疾患に対しては、冠動脈造影検査やその治療となる冠動脈形成術に豊富な経験と技術を生かして実績をあげています。平成11年10月より、愛知県医師会から急性心筋梗塞システム医療機関として指定を受け、急性心筋梗塞の早期治療に24時間体制で対応しています。

また、平成24年から心不全センターを開設して、急性心不全に対しては24時間態勢で対応しています。血行動態の安定化を図るだけではなく、心筋ダメージを極力抑え、長期予後も伸ばせるように心筋保護に心がけた急性期治療を行っています。心不全の原因疾患に対しても適切な治療方針を検討し、心不全の再発予防に心がけています。

経験豊富なスタッフに加えて、多くの若手医師が参加し、診療ばかりでなく、教育・研究活動にも力を注いでいます。国内はもとより、毎年、米国、欧州の循環器関連学会(AHA,ACC,ESC,ASEなど) に研究成果を発表し、最新で最良の医療を提供できるよう、教室員一同が日夜研鑽を積んでいます。