教室案内

医局の歩み

基本方針

坂文種報徳會病院

  1. レベルの高い安全、良質な医療の実践
  2. 大規模臨床試験成績や自験例、臨床研究成績の開示し、
    患者さんに還元する
  3. 患者さんのプライバシー保護
  4. 人間性豊かな医療従事者の育成

教育

  • 卒前教育
    主に医学部3年、4年、6年の学生に対して循環器学総論および各論の系統講義を行っている。医学部5年生に対しては、坂文種報徳会病院(第二教育病院)において循環器学および一般内科学の臨床実習の指導を行っている。臨床実習は、学生からの評価も非常に高い第二教育病院方式診療参加型実習の一翼を担い、ベッドサイドでの診療実習、心臓カテーテル検査や心エコー等の検査室での実習、リハビリセンターでの心臓リハビリテーション実習、薬剤師の先生や栄養士の先生等、パラメディカルスタッフからの講義等、多職種教育チームにて包括的な循環器診療実習を行っている。
  • 卒後教育
    初期臨床研修医に対して循環器学一般とともに一般内科医としての研修を行っている。診療チームの一員としてカンファレンスでは治療方針等の討議に参加し、EPOCレポートの作成、患者サマリーの作成を行う。また、ローテート期間最後にはカンファレンスで症例発表を行う。
    後期研修医に対しては、心臓カテーテル検査や心エコー等の循環器内科医としての基本的技能だけでなく、一般内科医、救急医としての技術習得を指導している。最終的には循環器医専門医取得を目標として研修を行っている。

研究

日常診療から研究テーマを見つけて行う臨床研究を主体としている。得られた成果を日々の臨床診療へ還元していくことを目指している。研究テーマとしては、心エコー指標による心機能、心血行動態の評価、心疾患とくに心不全における液性因子による病態の評価と予後との関連、虚血性心疾患を中心として心臓カテーテル法による冠循環動態の評価などの検討を行っている。その成果は日本循環器学会、日本心臓病学会をはじめ米国(AHA、ACC)、欧州(ESC)で発表している。

診療

地域の基幹病院として、近隣の医療機関と密な連携を取りながら、大学病院として、循環器疾患全般にわたって最新かつ高度な専門医療を提供している。検査機器は、県内で最新鋭の3D心臓超音波断層検査装置をはじめ、心臓カテーテル検査装置、マルチスライスCT、心臓同期MRI、経食道心臓超音波検査装置、トレッドミル負荷心電図、ホルター心電図など、最新の医療機器が配備され、侵襲的検査から非侵襲的検査まで充実している。また、24時間態勢で急性心筋梗塞や急性心不全等、循環器疾患に対応している。電気生理学的検査やペースメーカー挿入とその外来管理等の不整脈疾患に対する診療も充実している。
入院は、一人の患者さんを複数の医師で担当するチーム担当医制で診療を行っている。毎週、教授回診や病棟カンファレンスを行い、循環器内科全体として詳細に検査方針や治療方針を検討している。患者さん一人一人にとって最善の診療方針を検討し、その診療方針は患者さんご本人および家族の方に十分説明し、同意を得た上で検査や治療を行っている。さらに、入院の原因となった循環器疾患の治療のみならず退院後の日常生活がスムーズに行えるよう、心臓リハビリテーションや栄養指導、服薬指導にも、看護スタッフやリハビリスタッフ、薬剤師、栄養士、ケースワーカー等の多職種からなるチームで積極的に取り組んでいる。

得意分野

  • 1.心不全
    平成24年に心不全センターを設置して、急性心不全に対しては24時間態勢で対応している。血行動態の安定化を図るだけではなく、心筋ダメージを極力抑え、長期予後も伸ばせるように心筋保護に心がけた急性期治療を行っています。また、心不全の原因疾患に対しても適切な治療方針を検討している。また、リハビリテーション科と共同で心臓リハビリテーションを実施し、ADLの改善、心不全の再燃予防に努力している。
    息切れや浮腫があり心不全の鑑別目的に当院へ紹介いただいた症例については、当日に、最新鋭の3D心臓超音波断層検査や血中バイオマーカー測定を行い、迅速に診断と治療方針を報告できるように心がけている。
  • 2. 急性心筋梗塞・狭心症
    急性心筋梗塞、不安定狭心症には24時間態勢で対応し、緊急カテーテル検査および緊急冠動脈形成術は豊富な経験と技術を生かして実績をあげている。平成11年10月より、愛知県医師会から急性心筋梗塞システム医療機関として指定を受け、急性心筋梗塞の早期治療に24時間態勢で対応している。さらに再発予防の観点から、心臓リハビリテーションなどの運動療法にも取り組んでいる。
    また、冠動脈疾患の非侵襲的検査として、マルチスライスCTやトレッドミル運動負荷試験、最新鋭の3D心臓超音波断層検査、ホルター心電図検査等を患者さんに応じて外来で行っている。